飲食店・食品工場の皆様へ

使い終わった揚げ油、回収します。
廃食用油を「定期回収」いたします。排出量に応じて保管用の容器もレンタル可能です。

「定期回収」で、保管のストレスを最小限に抑えます。

吉川油脂では、廃食用油を「定期回収」しています。容器の許容量を気にして回収を依頼する手間も、油が溜まり過ぎる心配もありません。また、調理場や油の保管場所まで直接伺いますので、お客様の手を煩わせません。

定期回収

ペール缶・ドラム缶・タンク等は、排出量に応じて無償レンタルも可能。

お客様の排出量や保管スペースに最適な容器をご提案しております。
容器の無償レンタルに対応できる場合もございますので、お気軽にご相談ください。

「一斗缶ごと」処理したいお客様

一斗缶ごと業務用油の一斗缶(購入時の容器)で廃油を保管し、缶ごと廃棄する方法です。排出量の少ないお客様、缶(金属)の回収を別手配する手間を軽減したいお客様に最適です。(※雨水が入り込まないように上部にフタを被せ、転倒や漏出にご注意ください。)

「密閉ペール缶」で保管されるお客様

密閉ペール缶専用の密閉ペール缶を設置し、定期的に中の廃食用油のみを回収する方法です。小スペースで保管されるお客様や、傾いてもこぼれないフタ付容器をご希望のお客様におすすめしています。(※レンタルをご希望の方はご相談ください。)

 

「ドラム缶」で大量に保管されるお客様

ドラム缶調理場で一斗缶を使い溜まったらドラム缶へ移し変える方、タンク設置が難しい食品工場でも多く用いられています。(※ドラム缶は無料でレンタルいたします。※揚げカス等は分別をお願いいたします。また動物性油(ラード)・パーム油はお入れにならないでください。)

短期間に大量に廃出される食品工場様など

食品工場様短期間に大量に排出される方、スペースが確保できる場合はタンクの設置をお勧めしています。排出量に応じてご相談ください。(※タンクは無料でレンタルいたします。※揚げカス等は分別をお願いいたします。また動物性油(ラード)・パーム油はお入れにならないでください。)

マニフェスト情報の管理をお手伝いします。

独自の管理システム「YPSC(Yoshikawa Production Sale Control)」を構築。マニフェスト情報を、お客様に代わって入力・管理いたします。統計データ等はご提供いたしますので、回収量(リサイクル量)の把握と報告書作成などにご活用ください。

マニフェスト情報

※電子マニフェストにも対応しております。

電子マニフェストは、マニフェスト情報を直接JWNETに入力する仕組みです。煩雑な「紙」のやりとりがなく、自治体への毎年の報告も不要です。吉川油脂は電子マニフェスト導入をサポートします。

電子マニフェスト

100%リサイクルで、企業様のCSRにも貢献

吉川油脂では、回収した廃食用油のリサイクルはもちろん、処理工程で排出される残さも再利用する体制を整えています。企業・工場様の廃棄物削減・環境配慮などCSRの取り組みに貢献します。

ルーツは飲食店。だから今も、お客様第一です。