事業案内

廃食用油の100%リサイクル体制を構築し、飲食店様には「廃油を溜めない利便」を、再生油を使う方には高品質原料をご提供します。

事業領域

油は、捨てる時環境に大きな負荷をかけます。スプーン1杯の油を浄化するには、風呂桶いっぱいの真水が必要なのです。焼却処分や凝固剤による処理は金額的に負担も大きく、環境汚染の心配がないとは言えません。
しかし捨てずに集めれば、使用済みの食用油も立派な「資源」です。不純物を除いて精製すれば、飼料用や工業用の原料、燃料として活用できるのです。私たちは、食用油専門のリサイクル企業です。油を1滴も捨てないという考えのもと、より高品質なリサイクルに取り組んでいます。

事業領域


回収品目・販売品目

吉川油脂が目指す「100%リサイクル」

充実した設備と技術によって高品質の油脂を精製しています。精製の前後では、内部検査および外部機関による分析を行い、原料の信頼性を確保するとともに、製品の品質維持向上を図ります。また、お客様の用途に合わせて色や成分の調整も行っています。

吉川油脂が目指す「100%リサイクル」

精製が進むと純度の高い再生油に。(左端は飼料油脂)


回収品目・販売品目

取得許可一覧

吉川油脂は、油脂業界ではじめての、食品リサイクル法の登録再生利用事業者です。

登録再生利用事業者

「食品リサイクル法」は、食品メーカーや飲食店などとともに「循環型社会」を目指すための法律です(平成13年施行)。食品廃棄物を〈できるだけ出さない〉〈できるだけ再利用する〉〈できるだけリサイクルする〉ことを定めています。当社は平成15年、油脂業界では初めて、食品リサイクル法の再生利用事業者登録を行いました。

環境省のホームページにて事業者名簿が公開されています。
新しいウィンドウで開きます食品リサイクル法第10条に基づく登録再生利用事業者名(pdf)

当社は、エコアクション21の認証・登録事業者です。

エコアクション21

「エコアクション21」は、持続可能な社会を構築するため、環境省が定めた環境経営システムと取り組み・報告に関するガイドラインに基づく制度です。吉川油脂は、エコロジーへの積極的な取り組みを継続的な活動としていくため、平成19年に「エコアクション21」の認証・登録を受けました。

新しいウィンドウで開きますエコアクション21のサイトで認証・登録事業者を検索できます。

産業廃棄物の「収集運搬業許可」「処分業許可」を取得し、法令を順守しています。

私たちは廃食用油を「資源」と捉えています。ただし、法律的には廃食用油の回収・運搬には各都道府県からの廃棄物収集運搬許可が必要です。同様にその処分には管轄する都道府県知事の許可が必要です。吉川油脂は、必要な地域すべてにおいて許可を取得し、法令に基づいて事業を行っています。

油を排出される方は、回収時にマニフェスト伝票を発行し、処理の完了報告を受ける必要があります。吉川油脂では、煩雑になりがちなこのマニフェスト管理をサポートし、排出者様の責任遂行とコンプライアンスをお手伝いします。詳しくはご相談ください。

産業廃棄物収集運搬業許可

産業廃棄物収集運搬業許可

県名 許可番号
栃木県  00900024176
福島県  00707024176
群馬県  01000024176
茨城県  00801024176
埼玉県  01105024176
千葉県  01200024176
東京都  01300024176
神奈川県  01402024176
新潟県  01509024176
山梨県  01900024176
長野県  02019024176
宮城県  00400024176

※許可証閲覧(ダウンロード)をご希望の方は、〈お問合せフォーム〉からパスワードをご請求ください。上記許可番号をクリックすると、PDFが開きます。

産業廃棄物処分業許可

産業廃棄物処分業許可

産業廃棄物処理業許可 許可番号

栃木県  00920024176
福島県  00720024176
長野県  02029024176

pdf許可証ダウンロード ※許可証閲覧(ダウンロード)をご希望の方は、〈お問合せフォーム〉からパスワードをご請求ください。上記許可番号をクリックすると、PDFが開きます。

ISCC認証

吉川油脂は、油脂業界初 EU諸国ISCC認証を取得しました。

ISCC(International Sustainability and Carbon Certification)認証とは、バイオ燃料の原料について、熱帯雨林や泥炭地をプランテーション化した生産物(パームバージン油等)ではなく、かつ、化石燃料と比較して温室効果ガス排出量が大幅に少ない燃料であることを証明するものです。